0コメント

私だけの赤(3)「私だけの赤」

「ただいま」
ぼんやりと聞こえた祐樹の声に、ダイニングテーブルに突っ伏していた佐緒理は上半身を起こした。
時計を見ると、夜9時を回っていた。
料理作りに気合いを入れ過ぎて、疲れて眠ってしまっていたのだ。
リビングへ続くドアの音がして、目の前に祐樹が現れた。
「ごめん、遅くなって。仕事が抜けられなかったんだ」
申し訳なさそうに眉を八の字に下げて両手を合わせる様子に、
佐緒理は溜息をついた。
「しょうがないなあ……でもまだ明日になるまでに3時間あるし、許してあげる」
言うと、立っていって祐樹に手を差し伸べた。
「はい、上着、脱いで。シャツも洗っちゃうから……きゃっ!」
突然、祐樹の手が佐緒理を抱き締めた。
「佐緒理……プレゼントの口紅、つけてくれたんだね。綺麗だよ」
「ちょ、っ……今お皿に料理よそって……祐樹?」
祐樹が腕に力を込めるので、佐緒理の口元が祐樹のシャツの胸元についてしまった。
「あっ……」
佐緒理は急いで祐樹から離れた。
「シャツに口紅、ついちゃった」
「うん?」
祐樹は自分の胸元を見てから、佐緒理をじっと見つめた。
「大丈夫、佐緒理の口紅だから構わないよ」
祐樹はにっこりと微笑んだ。
「おいで、佐緒理」
「ご飯……いらないの?」
「そんなことないよ。もちろん食べるよ?」
祐樹は大きく手を広げた。
「でも、その前に佐緒理のことを抱き締めておきたいんだ」
一度身体を離した佐緒理は頬を紅潮させて、ゆっくりと祐樹の言われるままに身を寄せた。
「佐緒理……好きだよ」
「私、も……」
佐緒理は幸せそうに呟いた。
「私、も……?」
まどろむように閉じかけた佐緒理の瞼が大きく開いた。
佐緒理はじっと、動かなかった。
「……佐緒理?」
「……この色、違う」
「えっ?」
「この口紅の色、違う……あたしのじゃない」
「なっ、なんで?」
祐樹は明らかに狼狽えていた。
「佐緒理のだよ。今朝プレゼントしたやつと同じのだろ?」
祐樹は自分の胸元に滲む赤い色と佐緒理の唇を見た。
「ほら、佐緒理の唇、今ので少し滲んでる……」
祐樹の伸ばした手の指先は、佐緒理の長い髪に触れられずに空を掻いた。
「私の、は……ラメじゃない」
「……えっ?」
「ラメよ。キラキラしてるのがラメ。私のは、キラキラしてない。
なのに、このシャツについてる口紅は……キラキラしてる。どういうこと?」
佐緒理は顔を上げると、自分より背の高い祐樹の目をじっと見つめた。
「えっ、確かに同じメーカーの同じ色なのに……あっ!」
にじり寄る佐緒理の姿に祐樹は体勢を崩し、ダイニングテーブルに後ろ手に
手を着いた。
「……どういうこと?」
佐緒理は身に着けているエプロンのポケットから、リップスティックを
取り出して、その底の部分を祐樹の前に突きつけた。
「これ……読める?」
赤13ラメなし
佐緒理は赤く燃えているかような瞳で祐樹の顔を見つめていた。

(2019,07,15)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント